アトピー性皮膚炎の治療ってどういうもの?病院の選び方のポイントは!?

アトピー性皮膚炎の治療ってどういうもの?病院の選び方のポイントは!?

アトピー性皮膚炎は強烈な痒みと、慢性的な皮膚炎が特徴の皮膚疾患です。
何とかこの悪循環から解放されたい!解放してあげたい!!

 

今回は、アトピー性皮膚炎の治療法ってどういうもの?そして病院の選び方のポイントは?について書いていこうと思います。

 

●アトピー性皮膚炎の治療法ってどういうものがある?

 

アトピー性皮膚炎の治療法は、薬を使った対処療法がほとんどです。
そして、アトピー性皮膚炎の症状の重さによって薬(ステロイド剤)の強さが違ってきます。
アトピー性皮膚炎は「軽度」→「中等症」→「重症」の段階に分けられています。
最も軽いのは「軽微」といって肌の清潔と保湿を心掛けることが治療の中心となります。

 

痒みを内側から沈めるため抗ヒスタミン薬または抗アレルギー薬の服用で?きこわしを防いで、外側からはステロイド剤を症状の段階ごとに強さにあったものが処方され炎症を沈めます。
ステロイド剤は、用法容量をしっかり守れば怖くありません!
赤ちゃんの場合は、皮膚が薄いので弱いステロイド薬でも効果を発揮できて、保湿剤も一緒に処方されると思います。

 

アトピー性皮膚炎の治療は、いかに早く炎症を沈め、ぶり返さないために早めにスキンケアにもっていくのかが重要です。
炎症がひどい場合は炎症を沈めることを最優先にして、炎症が落ち着いたらステロイド剤の塗る量を少なくし、肌のバリア機能の修復と改善がしてきたら保湿のみ!っという治療が一般的のようです。
そして、薬物療法と一緒に生活環境の改善もしていきます。
他にも薬物と併用して、漢方を使って体質改善を目的とした治療をしているところもあります。

 

●病院の選び方のポイントは?

 

アトピー性皮膚炎の治療をする病院って、どういうところを重視して探せばいいのかよくわかりませんよね?
今はインターネットで事前に調べられる時代なので便利です。

 

まず、今ある皮膚炎をいち早く沈めたいのなら近くの皮膚科を受診して悪化を防ぎましょう。
アトピー性皮膚炎と診断され、改善をしたいなら皮膚科医よりも「アトピー専門医」がいる病院を探してください。
(日本皮膚科学会→https://www.dermatol.or.jp/modules/public/index.php?content_id=1)

 

@通える距離なのか??
アトピー性皮膚炎の改善となると、長期通院は覚悟をしておいたほうがいいです。
途中で完璧に治らないまま治療をやめてしまうと、元に戻ってさらにひどくなる可能性もあります。
そのため、無理なく通える距離の範囲で探すことをオススメします。

 

A治療方針はどういうものか??
ステロイド剤を、どのように使うのか?(薬の処方の仕方など。)
アトピー性皮膚炎の根本的な改善のために病院は、どういう治療に取り組んでいるのか?(例えば薬物療法だけでなく、生活環境の改善や食事の内容など。)
これまでの症例は、どういったものがあるのか?など、ホームページで確認できることがあるので見てみてください。

 

Bやっぱり気になる口コミ。
実際にその病院に行った人が感じた口コミは、やはり参考にしたい所がありますよね。
治療内容はもちろんの事!どの時間帯が混むのか?お医者さんやスタッフの対応は?キッズスペースはあるのか?実際、通院してみて改善されてきたのか?などなど、気になる事はいっぱいあります。

 

●人それぞれ症状や薬は色々ですが、きっと良くなる日はきます!

 

アトピー性皮膚炎の治療は、自分に症状にあった病院に巡り合えることが改善のポイントになります。
私の子どももアトピー性皮膚炎でしたが、合った病院が見つけられ今ではアトピーと言っても誰もわからないくらいになりました。
皆さんそれぞれにあった、いい病院が見つかりますように。